秋のお味が今年も登場しています。

看板

 

今年ももう少しすると紅葉のきれいな時期を迎えます。

9月などはさぞ残暑が厳しいのだろうと思っておりましたが

私の感覚ではさほど暑くもなく、すでに10月も半ばに

さしかかろうとして日が暮れるのもすっかり早くなりました。

ほっくりとした食べ物がおいしい時期です。

秋の味覚の一つである地物の特別なさつまいもを

使用したぷりんが今年も販売されています。

 

 

能登ぷりん 千里浜金時(さつまいも)は

秋の特別なお味、期間限定商品です。

 

*能登ぷりん マンゴー は来年暖かくなるころに

再びお目見えいたします。

 

能登ぷりん かぼちゃも今年もう少し後から

登場予定です。

こちらも期間限定商品です。

 

 

立派な秋の味覚の一つではあれど

さつまいものぷりんはなかなか見かけない

印象です。

当社の 能登ぷりん 千里浜金時 は

さつまいもの使用量が多くて

とってもさつまいもが濃ゆいお味です。

能登ぷりん かぼちゃ も個人的に

おすすめのお味なのですが

能登ぷりん さつまいも の方が

待ってました感が自分にはすごくあります。

 

道の駅 のと千里浜 、 KAJI  Mart 全店、

あだち  ストア にて好評販売中です。

**千里浜レストハウス  では 能登ぷりん プレーン のみの

販売となっております。

 

期間限定の秋のぷりんを逃すことなく

ぜひともお試しください。(/・ω・)/ イザ!!

 

 

お陰様で『能登ぷりん』が販売一周年を迎えました!

看板

 

大変ご無沙汰しております、海王星ブログの久々の更新です。

 

今月能登ぷりんが販売一周年を迎えました。

最も近い道の駅である「道の駅のと千里浜」のオープンに

合わせて販売開始されているこの商品、

お陰様でとっても好評のお声を頂いております。

 

通年販売している『能登ぷりん プレーン』の他には

夏はマンゴーソースとプレーンの2層仕立ての『能登ぷりん マンゴー』、

昨秋はかぼちゃぷりんになった『能登ぷりん かぼちゃ』、

昨冬~今春先までは『能登ぷりん さつまいも』、

販売開始当初は中島菜ゼリーとの2層仕立て、人参ゼリーとの2層仕立てといった

派生バージョンもございました。

 

毎回ちょっとお茶目なアレンジがしてある

能登ぷりん の季節限定商品のラベルデザインには

毎回思わず「うふふ。」となってしまう私、看板です。

(このラベルデザインがアレンジされているのを

毎回面白いなーと思ってみておられる方は

少なからずおられるハズです!)

 

石川県内スーパーさんにも常時お取り扱い頂く様にもなっており、

ご愛顧いただいている皆さまにこの場をお借りして

心より御礼申し上げます。

お取り扱いのある県内スーパーさんは、

KAJIMART 全店 ・ あだちストアー (順不同)

その他のお取り扱いのあるお店は、

千里浜レストハウス となっております。

 

尚道の駅のと千里浜さん(KAJIMARTさん全店でも)においては

能登ぷりん用のギフトボックスもご用意しております。

箱代は別料金を頂戴しておりますが、

お中元・お土産用やプレゼント用として便利にお使いいただけます。

 

ぜひご利用ください!

 

 

ヤフーストアは新ストア名へと変更しました!

看板

 

今週初めにストア名を海王星フーズストアから

あんしん みんなの おやつ屋さんへと変更いたしましたこと

ここにお知らせいたします。

 

ストア外観もこれに伴いリニューアルしてみました。

画像のパンケーキは弊社の米粉パンケーキ(きなこ)を

使用して撮影しているのですが、

じわじわと米粉パンケーキミックス粉の方も

注目されているもようで

弊社としましても大変嬉しい限りでございます。

 

ミックス粉のご注文方法ですが沢山御贔屓にしていただいていた

楽天ストアは去る9月いっぱいを持って閉店させていただきました。

当面ご注文は当HP内のお問い合わせメニュー下の

ミックス粉ご注文フォームよりご注文していただくことになります。

ご愛顧頂いていた皆様へのご挨拶が

この度このような形でとなり大変申し訳ございません。

ご注文フォーム利用のご購入では、

商品代金のお支払をゆうちょ銀行への

商品お届後7日以内の振り込みを

お願いすることになり、

お客様の利便性がぐんと下がってしまいますが

これを課題として更なる皆様の使い勝手の良い環境を

整えるべく精進してまいります。

 

あんしん みんなの おやつ屋さん では、

和っ菓10個セット(送料無料)が好評の様子です。

いつもお買い上げいただいている

お客様の皆様に心よりの御礼を申し上げます。

 

米粉焼ドーナツ「和っ菓」は

その一つ一つを手焼きで焼成しており、

一日の製造数にかなりの制限があるため

在庫の関係によっては発送までに

お待たせしてしまうこともあるのですが、

保存料なしでてんさい糖の優しい甘さが特徴の

「和っ菓」をこれからもっと多くのお客様に

お届けできたらと思います。

卵・小麦・乳/乳製品不使用の

米粉100%ベースの焼ドーナツです。

お味もきなこ・ココア・抹茶の3種類を

展開しています。

きなこ好きの私にはたまらない風味の

和っ菓-きなこがすべてのお味のベースです。

ココアはチョコレート味とは異なり

ほんのりビターです。

抹茶は様々な年代のお客様から大人氣の

お味となっております。

 

私、看板 イチオシの「和っ菓」を

送料無料キャンぺーンの終了が決まってしまう前に

更に多くの皆様にお試ししていただきたいです。

 

能登ぷりんの新顔が登場しました!

看板

 

前回のブログでお話しておりました

能登ぷりんの新顔、

『能登ぷりん かぼちゃ』が完成しました!

2層仕立てにするのかとか

はたまたマーブル仕立てにするのか

プレーンとの配合の割合も何度も試作を重ねて

出来あがりましたよ。

 

・能登ぷりん かぼちゃ(95g)¥300(外税)

  

 

それから能登ぷりんの第2弾として

既に販売中でご好評いただいている

『能登ぷりん マンゴー』は

2層仕立てで仕上げました。

使用しているマンゴーは

インド産のアルフォンソマンゴーピューレ!

ほど良い酸味とコクのある甘さが

またいいんですよね。

 

・能登ぷりん マンゴー(95g)¥300(外税)

 

それぞれ 道の駅 のと千里浜 においては

お箱入りにも出来るように

ご用意がございます。(箱代別途請求です。)

どうぞご利用くださいませ。

 

皆さまから広く評判の良い

この 能登ぷりん シリーズは

保存料不使用での製造のため

お日持ちがあまり長くないので

道の駅 のと千里浜と羽咋近郊の一部のスーパー等でしか

お取り扱いがありませんでしたが、

この度弊社工場よりお客様お一人お一人への

個別直送体制を整えました!

 

送料は別途いただくことになりますが、

新鮮な材料を使用しての手造りの素朴なお味の

安心なおやつにぜひともお試しいただきたいです。

県内産牛乳と卵を使用しています。 

 

・能登ぷりん プレーン(95g)¥230(外税)

 

ももちろん地方発送対象商品です。

クロネコクール便(冷蔵)にて

お届けいたします。

 

いずれのお味のぷりんも保存料・着色料不使用です。

お日持ちは製造日より7日でございます。

 

能登ぷりん マンゴー
能登ぷりん マンゴー
能登ぷりん(ちょっと見えにくいですが、最下部にカラメルが入っています。)
能登ぷりん(ちょっと見えにくいですが、最下部にカラメルが入っています。)

現在は製造しておりませんが

にんじんゼリーと中島菜ゼリーをそれぞれ

プレーンの上部に流し込んで仕上げておりました

 

・能登ぷりん にんじん

 

・能登ぷりん 中島菜

 

もございました。

こちらは 道の駅 のと千里浜 の

オープンの際に特別にお作りしておりました。

 

中島菜・・・石川県旧中島町(-なかじままち- 現在は七尾市に合併)でのみ

栽培される漬け菜の一種で、独特のピリッとした苦みと辛みがある。

中島町以外の土地で育てると味などが変わってしまうため

この地域でのみ栽培されている。

(能登伝統野菜として商標登録されている。)

機能性成分として血圧の上昇作用のある酵素(アンジオテンシン)

の働きを阻害する成分が青葉の中で最も多く含有していると

いう研究結果が出ているのに加え

イソチオシアネートという老化防止やがん抑制効果のある

抗酸化作用のある辛み成分が含有されている。

ビタミンC、ベータカロテンも一般的な

青菜類より多く含まれている健康野菜。

 

 

中島菜の2層仕立てのぷりんは

中島菜そのもののお味のイメージから

敬遠されるかと思いましたが、

道の駅 のと千里浜 においては

ご好評のお声を多くいただき

お客様も開発者も笑顔の店頭販売となりました。

 

能登ぷりん にんじん
能登ぷりん にんじん
能登ぷりん 中島菜
能登ぷりん 中島菜

7/28(金)開催の開発試食会議のレポです。続けざまに更新します。

能登ぷりん-千里浜の潮風で育った朝取れ卵を使用しています。
能登ぷりん-千里浜の潮風で育った朝取れ卵を使用しています。

今回は新商品のお知らせから!

 

7/7(金)にオープンしたばかりの

何かと話題の『道の駅 のと千里浜』

において弊社の特製 能登ぷりん が

販売されております。

写真のプレーンの他にも

その日の仕入によりマンゴープリンとの

2層仕立てなども並びます。

*新しいお味も鋭意開発中です。

 

いずれも1個(95g) ¥230(外税)← 内容量と価格変更しております。

 

 

春巻の食感に変化を付けたいときは・・・。
春巻の食感に変化を付けたいときは・・・。

変わった食感の春巻にしたいなら

という事で包んでいる一番外側に

工夫をしてみた春巻です。

 

上はパータ・カダイフと

その下側はパータ・フィロで

一番外側を包んでいる試作品です。

 

パータ・フィロ - ギリシャやアラブが発祥の地で、

トウモロコシの粉と小麦粉で作った非常に薄い生地。

フランスなどにもわたりヨーロッパでも

使われるようになっている。

 

パータ・カダイフ - パータ・フィロを

直径0.6ミリほどに細く刻んだもの。

カダイフはトルコでの名称だが

フランス・イタリアなどでも

製造されて使われている。

 

これらの試作品はいつもの玉子皮で

具材を包んでからバッター液を付け

パータ・フィロ、パータ・カダイフそれぞれを

巻き付けているとの事です。

 

坦々玉子巻(試作品)
坦々玉子巻(試作品)
キーマカレー風玉子巻(試作品)
キーマカレー風玉子巻(試作品)

坦々玉子巻・キーマカレー風玉子巻(試作品)は

外側は従来の玉子春巻でも

その具材の味付けがピリ辛の

おつまみにしても喜ばれそうなメニューです。

個人的には坦々玉子巻の方がキーマカレー風玉子巻よりも

ガツンとくる辛さが特徴かなと感じました。

ですがどちらが好きかというと

キーマカレー風の方でしょうか。

 

夏限定!ねばとろ玉子春巻(試作品)
夏限定!ねばとろ玉子春巻(試作品)

こちらの試作品は食感を考えて長芋を下処理しており

隠し味・・・というかアクセントに梅干のたたいたものを

使用しています。

この一品にはラクト・オボ・ベジタリアンの

御仁も思わず唸らせられました!

本当に梅干のたたいたものが

いい仕事してくれていました。

恐らく今回の試作試食会議の中では

この春巻がベストだったのではと思われました。

また食べたいと思います!!

 

アボカドとろろ玉子春巻(試作品)
アボカドとろろ玉子春巻(試作品)

こちらの試作品玉子春巻にも

食感を考えた下処理をされた

長芋を使用していますが

先ほどと違う点はオクラではなくアボカド、

梅干でなくチーズを使用して

具材を作っているところです。

一気に洋風になってしまいました。

アボカドのおかげで優しいお味に。

 

鉄分強化春巻の具材でもってパータ・フィロ玉子春巻(試作品)
鉄分強化春巻の具材でもってパータ・フィロ玉子春巻(試作品)
パータ・フィロをパータ・カダイフに変えての試作品です。
パータ・フィロをパータ・カダイフに変えての試作品です。

こちらの変わった食感の玉子春巻の試作品には

具材にひじき・切り干し大根・干しシイタケ

等々加えた鉄分強化版となっています。

個人的な意見ではパータ・カダイフの方の

パリパリ食感の方がどちらかというと好きなのでした。

 

そしてそして・・・、

 

試食後の残りの写真で失礼します。パータ・フィロでデザート感覚春巻(試作品)
試食後の残りの写真で失礼します。パータ・フィロでデザート感覚春巻(試作品)

写真がちょっとさびしいですが、

お許しください。

 

先ほどのパータ・フィロのみで巻いたデザート感覚春巻です!

あんこをメイン具材にして巻いており

これは個人的に2番目に氣に入ったかも ♪

と思うような軽やかな美味しさでした。

 

シャンパンソース風(試作品)
シャンパンソース風(試作品)

魚介のソテーに添えたり、

パスタソース・オムレツソース・ディップ等にも

使用可能なソースの試作品です。

レモンが程よく効いている爽やかなソースです。

自分は今まで聞いたことがない名前のソースでして

新しくて面白いなとも感じました。

何よりおしゃれな感じが何となく漂っていますよね。

 

五目玉子春巻
五目玉子春巻
焼肉味の竹の子春巻
焼肉味の竹の子春巻

弊社既存商品にも見直しを加えています。

焼肉味の竹の子春巻もお目見えし始めているのですが

あんまり焼肉味を前面に押し出しすぎない様に

しているという感じがしています。

 

からマヨ春巻・パン粉を最後につけて揚げてあるタイプです。
からマヨ春巻・パン粉を最後につけて揚げてあるタイプです。
道の駅 のと千里浜 でもオープン時に販売させていただいていました!
道の駅 のと千里浜 でもオープン時に販売させていただいていました!

からマヨ春巻 ― コショーがかなり効いてます!

唐揚げもごろごろしていてボリューム感を

相当感じられますよ。

アクセントにピーナッツが入っています。

 

金澤カレーカツ ― 辛さがかなりスパイシーに来るのかと

思いきやそれほど辛くもないのでお子様にもお勧めです。

そしてとっても香りが良い!!

こちらは春巻ではなくカレールウが中心でその周りに

ご飯、そしてご飯を豚肉でくるんでフライにしています。

合わせるならとんかつソースかなと思います。

 

 

TOPページにもある揚げオムすびを改良しての、アランチーニ ♪
TOPページにもある揚げオムすびを改良しての、アランチーニ ♪

玉子皮でチキンライスを包んでいます。

中央部分には溶けるチーズがたっぷり。

でも色々とちょっとずつ違うんです。

外側はばりっとするパン粉付フライにしています。

 

弊社の新イチオシデザート商品:能登ぷりんです。
弊社の新イチオシデザート商品:能登ぷりんです。

弊社の新商品のぷりんも試食しています!

 

カスタード部分はとても卵を感じられる

素朴なぷりんに仕上がっています。

カラメルは少ないかな・・・と思いましたが

食べてみると丁度の量でした。

焦がし具合がそこまで強くなくって

甘めのカラメルとなっています。

やはり添加物無添加なのが

一番の強みとも言えます。

保存料ももちろん不使用なので

日持ちがしないのです。

出来立てのぷりんがお店に並べられています。

羽咋市内近郊のスーパーさんでも

取り扱いがある場合も。

道の駅 限定販売ではないので

羽咋市近郊にお住まいの方は

ちょっとお近くのスーパーさんの

プリン類の売り場をチェックしてみて下さい。

 

大分と遡って6/10(土)の開発会議の模様をレポします。

写真ではざるうどんがメインに見えますが、実際には玉子ミルフィーユがメインなのです。
写真ではざるうどんがメインに見えますが、実際には玉子ミルフィーユがメインなのです。

看板

 

ご覧になって下さっている皆様に

残暑お見舞い申し上げます。

 

久しぶりの更新です。

申し訳ございません。

2回分たまっている開発会議(と講習会の様子も?)

の写真つきレポをお送りします。

 

本記事は6/10(土)に行われていた

開発会議の様子のレポです。

まず冒頭の画像ですが

主役は実は手前にうつっている

『玉子ミルフィーユ』の方です。

 

弊社の主力製品である玉子春巻用の

玉子皮を使用しての変化球的存在といえましょうか。

うどんの付け合せに何か考えてみてとの

リクエストにこのメニューが返されました。

名前がミルフィーユという様に

玉子皮の層を作って天ぷらに仕上げてあり

うどんのおつゆにつけてみると

ジューシーでおいしくなりますよという商品。

 

実際に試食してみた私の感想は、

面白い+美味しい! でした。

今まではこの天ぷら仕上げにした商品には

汁物のつゆが味方ではなかったのです。

それを逆手にとって(?)

上手に味方にしてしまった商品と

言えるのではないでしょうか。

食感自体も面白いなと思いました。

 

玉子ミルフィーユに続くのは

全て米粉パンケーキのミックス粉で

作られているメニューの数々です。

 

えぇっ!? 

このメニューまでもあのミックス粉で

作ってしまうのですか!

 

とちょっと言いそうになるラインナップ。

全てを試食できてはおりませんが

試食した分については簡単に私の超個人的な

感想コメントを付けております。

 

それではご覧ください。

 

今回の米粉パンケーキのミックス粉で作りましたシリーズ① 韓国チヂミ風2種類。
今回の米粉パンケーキのミックス粉で作りましたシリーズ① 韓国チヂミ風2種類。

画像にあるのは2種類のバリエーションにしてみた

ミックス粉使用の韓国チヂミ風!

 

・赤っぽい方-白菜キムチ入り

 

・普通のチヂミ色の方-白菜キムチ抜きで

 他は赤っぽい方と同じ具材で調理したもの

 

別サイトで展開中の

”米粉パンケーキのミックス粉を使用したレシピ集”

にもこれから掲載予定ですが

具材にはもやし・ニラ・じゃがいも(千切りしたもの)と

更にお好みの具材としてごま・桜エビ・塩昆布も

使用しています。

赤っぽい方にはこれらに白菜キムチを

加えているというわけです。

 

私の試食した感想は、

少しミックス粉に配合済みの

てんさい糖の甘さがあるが

立派なチヂミです!

という事でした。

やはりこのミックス粉でもって

作るメニューは乾燥が大敵となりますね。

このチヂミも試食の時にはすこし乾燥していたので、

作るときにはその部分を氣を付けて

用意されてください。

 

 

今回の米粉パンケーキのミックス粉で作りましたシリーズ② ホットビスケット
今回の米粉パンケーキのミックス粉で作りましたシリーズ② ホットビスケット

これはケ〇タッキーフラ〇ドチキンで

見かけるアレでしょうか!?

と焼き菓子大好きな私のテンションが

こちらを一目見た時から

上がりまくってしまった

ホットビスケットも弊社の米粉パンケーキのミックス粉で

作ることが出来るのですとのこと。

 

トッピングのはちみつはたっぷりと

がおすすめポイントだそうです。

他にはお好みのジャムやアイスクリームも

良いお供だそうです。

オーブントースターで焼き上げる

お手軽な一品です。

 

私の試食した感想は、

とっても好きな風味でした。

もう一個もう一個と手が伸びそうになるのを

試食だからと自分に言い聞かせて

こらえていました。

また食べたくなるお味でした ♪

 

今回の米粉パンケーキのミックス粉で作りましたシリーズ③ グリッシーニ
今回の米粉パンケーキのミックス粉で作りましたシリーズ③ グリッシーニ
今回の米粉パンケーキのミックス粉で作りましたシリーズ④ 辻占
今回の米粉パンケーキのミックス粉で作りましたシリーズ④ 辻占

グリッシーニと辻占(フォーチュンクッキー)は

試食できず撮影したのみでした。

 

グリッシーニに関してですと

お好みのディップを付けてだとか

生地の段階で香草類を練り込んでも

良いですよとの事です。

 

今回の米粉パンケーキのミックス粉で作りましたシリーズ⑤ 肉まん
今回の米粉パンケーキのミックス粉で作りましたシリーズ⑤ 肉まん
今回の米粉パンケーキのミックス粉で作りましたシリーズ⑥ あんまん
今回の米粉パンケーキのミックス粉で作りましたシリーズ⑥ あんまん

肉まんとあんまん(食紅の印付きの方)も

米粉パンケーキのミックス粉で作っちゃいました。

通常の小麦粉使用の肉まん・あんまんだと

発酵させる手間がはいりますが

こちらのレシピは発酵要らずなんです!!

ミックス粉の生地でそれぞれのあんを

包んだら蒸し器で15分程蒸しまして

出来あがります。

 

私が試食してみての感想は

ちゃんと肉まん・あんまんだったという

驚きが有りましたというもの。

ご紹介予定のレシピでは

肉まんのあんから手作りしています。

あんまんの餡は

市販のものを使用していますので

より簡単に作ってみることが出来そうです。

 

 

今回の米粉パンケーキのミックス粉で作りましたシリーズ⑦ カレーパン風
今回の米粉パンケーキのミックス粉で作りましたシリーズ⑦ カレーパン風

今回の開発会議での

米粉ミックス粉を用いての試作は

このカレーパン風が最後となります。

 

やはり発酵要らずでできてしまう

作るのがとっても簡単な焼きカレーパンです。

カレーが残ってしまった時などに

お試しください。

 

私が試食した感想は

カレー味が自分には少し濃かったよう。

ですが外側のパン粉等のカリカリ食感が

面白く楽しく頂ける一品と感じました。

 

味等最終調整中の玉子春巻各種。
味等最終調整中の玉子春巻各種。

最終調整中の玉子春巻たちの

試食もしておりました。

具材そのもののお味だけでなく

玉子皮にも一工夫加えてのものもあったりと

進化をしているところなのでした。

 

そして最後に〆のデザートが・・・。

 

今回の米粉パンケーキのミックス粉で作りましたシリーズ(オマケ)蒸しパン
今回の米粉パンケーキのミックス粉で作りましたシリーズ(オマケ)蒸しパン

米粉パンケーキのミックス粉で作りましたシリーズ、

オマケで蒸しパン(再度のお目見え)もありました!

 

ヽ(^ 。^)ノ ヽ(^。^)ノ ワァイワァイ ♪

 

 

あらら、講習会の模様が今回も

ちょっと秘密で進めてくださいとのこと。

申し訳ございませんが

開発試食会議のレポのみでお許しください。

 

続いて7/28(金)開催の開発試食会議の様子

(と講習会の模様も??)を更新します。

平成29年春の新商品3つの商品情報が掲載完了しています!

看板

 

この春新たにお目見えすることとなった、

商品たちが3つあります。

それぞれの商品情報・原材料名等の掲載が

完了しております!

 

なかなか掲載スピードが開発のスピードに

追いついておらず、ご覧になって下さっている

皆様方にはご迷惑をお掛けしております。

大変申し訳ございません。

 

まず一つ目の商品が

 

玉子春巻(ブン)

 

 

と申します。

ブンとはベトナムの米麺の中でも

丸い麺の事だそうでして、

日本でベトナムの麺と言えば

専ら「フォー」の方だと思うのですが、

フォーは米麺の平たい形状の方を指すとのこと。

個人的にですが、意外だったことに

Wikipediaによりますとフォーよりも

ブン料理の幅の方が広いそうですね。

ちなみにブンは太さが1mm~2mm程までのものだそうで

ビーフン(台湾語発音)も米麺ですが、

こちらですと様々な太さ・形状がある模様です。

 

弊社の玉子春巻(ブン)の味付けは

また一寸したスパイス使いの妙で

アジアンチックな感じもありつつ、

これから暑くなる時期にも合いそうな

カレー風味もほんのりとする

ユニークな玉子春巻となっております。

 

 

そして2つ目の商品が、

 

揚げオムすび(オムライス)

 

こちらは当HP内ではごはん類に分類して

掲載しておりますが、ご飯を玉子の薄皮で

三角形に包んで仕上げてありまして、

包んであるご飯というのも

なんと

 

チキンライス ♪

 

なのです。

ノンプリタイプの場合は

従来の玉子春巻と同様に

水で溶いた天ぷら粉をつけて

揚げていただいて仕上げていただきますが、

プリフライタイプですと

電子レンジで温め調理のみで

お召し上がりいただけます。

 

お子様にも女性にも大人氣の

チキンライスを玉子の薄皮で包んである

正にオムライスな新商品、

ぜひともお試しいただきたいです。

 

 

最後にご紹介いたしますのが、

 

デザート春巻

 

でございます。

こちらはパインアップルとレーズンを

マヨソース等のちょっと甘酸っぱめの

ソースとともに玉子の薄皮で包んでいます。

この商品は従来の玉子春巻風でありますが、

思いっきり「デザート」です。

 

(・・・まだ一口ずつしか味見できていない

自分にとって、ぜひぜひ近いうちに

一本まるまる食べてみたいと

思っている商品なのです。)

 

デザート春巻はノンプリタイプを

ご提供いたします。

 

この春登場の新商品3つ、

駆け足でご紹介いたしましたが

いずれの商品も春のみならず

これからの暑くなってくる時期にも

と自負しております。

皆様にご賞味いただきたいです。

 

開発会議(2/4・土曜)開催分レポ、簡単にですがアップします。遅くなりました。

 

看板

 

このレポは2017/2/4(土曜)開催分のものとなります。

遅くなってしまいました。

申し訳ございません。

 

 

写真の試作品とは何なのでしょうか??

一見するとなにかこう”ごちそう写真”なのですが、

まだ私個人的には見かけていない調味料の

試作品の為のごちそうなのでした。

 

 

米粉パンケーキのミックス粉で試作されている

メニューの数々がこの後登場してきます。

まずはケーク・サレ!!

 

プチトマトの酸味ととろけるチーズの塩っ氣が

弊社のミックス粉の地の味と合いますよ ♪

一個一個マフィン方に生地を流し込んで

焼いて作ってもよし、パウンドケーキ型に

入れて焼くのもまた良しです。

 

 

こちらは粉糖を最後に振って仕上げてある、

米粉パンケーキのミックス粉での試作品の

ブラウニーです。

 

実はこのブラウニー、火を入れるときの

型に一工夫なされております。

詳細は後日更新予定のレシピ集にて明かされます。

(向うの更新も滞っております。ごめんなさい!)

 

 

そして季節もの。

(だから2/4辺りにアップしないといけないのです。

本当に申し訳ございません。)

 

三色に色を付けて、お雛祭りの菱餅の代わりに

ひし形米粉パンケーキ(よりモチモチに)です!

 

モチモチ感を出すために米粉パンケーキのミックス粉に

追加でお粉類を入れてありました。

こちらもレシピを近日中にアップする予定です。

ごめんなさい。<(_ _)>

 

 

そして玉子春巻類の新商品の試食での

一皿をパチリ。

一個まるまるを食べてみたいと思っているのでした。

特に〇ザー〇春巻を。

 

具材の目新しさから言っても

味付けの斬新さから言っても

一口だけですが食べてみてから考えても

一個まるまる食べてみたいです。

 

講習会の様子は今回も極秘事項が多いため

割愛させていただきます。

どうかご了承ください。

 

0 コメント

ご近所にてお花見をしてきました。(前々回の開発会議のレポがまだですがこちらをアップするのです・・・。)

 

看板

 

今週の日曜の遅い午後に、近所の隠れた(?)桜のお花見スポットへ

お散歩しつつ行ってきました。

 

まだ満開と言い難いと皆さん思われていたのか、

氣温が少々低かったものの

我々の他には誰も居ない状況でという

何とも贅沢なお花見でありました。

ご覧にいれられませんが、しっかりアルコールも持ち込んで

しばしのプチお花見宴会を楽しんでおりました。

本日も平日ではありますがお天氣の具合から言うと

ここ石川でもとても素晴らしいお花見日和な一日でした。

この一日の陽氣でもってここかしこで桜が一氣に満開に

なって行っていることだと思います。^^

 

そんなお花見の時期も本格的になっているこの頃

弊社では新商品開発ラッシュでして、

この新商品たちを新しいより多くのお客様に

お届けするべく準備を進めているところでございます。

既存の商品も一部ですが、新しい販路にて

取り扱っていただけるよう改良しております。

 

 

イチオシの新商品は・・・、

どれもこれもで一個に絞りきれません。(>_<)

それ程に新商品たちはそれぞれがキャラがたっていて、

面白い(?)いえ期待大(!)の出来となっております。

新商品のHP上でのお知らせはもう少しお待ちください。

 

0 コメント

本日実施の開発試食会議の模様をレポします。前回分のレポも後日アップする予定です。

看板

 

前回の開発試食会議のレポもアップしていないまま

今月の講習会+開発会議になってしまいました。

前回の分もアップしたいと考えておりますが、

まずは本日行われている分のレポートを

アップ致します。

 

*西日本支社さんが本ブログを一人で更新し続けて

くれており、感謝感謝なのです。

 

 

冒頭の写真は和菓子屋さんの店頭に並ぶ『若鮎』

そのものですよね。

これも実は米粉パンケーキのミックス粉を使って

手作りできるんです、とのこと。

『若鮎』も実はというかやはり私の好物でして、

今日の試作品の並べられていくそのそばから

テンションが上がりっぱなしでした。

(仕事なのになんと単純な幸せな人なのでしょう・・・。)

 

こどもの日に合わせて試作をしていただいたのは

他にはこいのぼりをイメージして、

100均のたい焼き型を使用してレンチン調理の

米粉パンケーキミックス粉で作る錦鯉ケーキと

銘打たれた蒸しパンの変化球ともいえるスウィーツです。

 ↓  ↓  ↓ 

 

見ているだけで思わず笑顔になってしまいますよね。

こちらはプレーンでも中にあんこやチーズをいれて

作ってみてもおススメとの事です。

サイズは写真だとちょっとわかりづらいですが

頭からしっぽまでの長さが5cmほどと

小さなお子様に見た目にも大きさとしても

きっと喜ばれると思われるかわいらしいスウィーツなのでした。

こちらも弊社の米粉パンケーキのミックス粉を

使用しての試作品で、母の日にちなんでのその名も

『薔薇のマフィン』です。

薔薇は生地には使用されておりませんが、

仕上げの艶出しに使うジャムを薔薇のジャムにすることで、

ますますスペシャルな一品となってしまいます。

リンゴを先にコンポートにしてから薔薇の形に並べても

良いですし、生のリンゴをスライスしたものを

同様に並べて薔薇に見立てて使うのもまた良いそうです。

出来上がりのリンゴのお色味の好みでもって

作り方が今回二通りにしてありますとの事。

使用するリンゴはやはり紅玉が好ましいのですが

時期的に手に入らなかったため、普通のリンゴを

使用しての試作です。

 

試食してみての感想は、リンゴの甘酸っぱさが何とも言えず

よい組み合わせで新しい美味しさだったということです。

そして本日の米粉パンケーキのミックス粉での

スウィーツの最後を飾ってくれているのは

『花のクレープ』です。

クレープ生地部分を弊社のミックス粉を使用して

作られています。

こちらも母の日にちなんだ一品です。

 

クレープ包みにしている中には

スポンジケーキと生クリーム・カスタードクリーム・バニラアイス

などを入れてみても良いですという提案なのです。

私の写真がうまく撮れておらず申し訳ございませんが、

お皿にホイップした生クリームを敷いてあり、

その上にお花の形に整えて結んである

クレープ包みが載せられております。

 

色も桜色で華やかなので、上部の結びを工夫して

いただきますとまた違ったお花のように見えて素敵ですよ。

今回の米粉パンケーキのミックス粉での試作品の中で

唯一のお食事ものとなっている、

『薔薇のガレット』も負けじと華やか+女性受け必至と

思いました。

 

溶けたチーズの塩っ氣もまたこのほの甘いガレット生地に

合っていました。

生地には今回片栗粉をプラスしていますが、

お好みで代わりに蕎麦粉を加えて作るというのも良いそうです。

ガレットに添えられているハムを薔薇に見立てています。

今年は母の日にお母さんにこのガレットを作って

ご一緒にランチはいかがでしょうか。

↑ 春巻新商品たちも続々とお目見えしてます。↑

 

三角形の春巻と従来の形の春巻きとを

同じ具材でもって食べ比べしていたり、

具材もいろいろ変わり種を仕込んでいます。

 

 

手前のデザート春巻は異色ながら後引くお味の

面白玉子春巻となっていますよ。

また春巻の新商品たちについての詳細は

近いうちにお知らせしたいと考えております。

 

 

また今回の米粉パンケーキのミックス粉を使った

試作品のレシピも別サイトにて近々公開予定です。

今回はすべてアレルギーフリーではない試作品となっておりますので、

卵アレルギーや乳・乳製品アレルギーでお悩みの方は、

ご注意ください。

 

本日の米粉パンケーキのミックス粉を使用したレシピすべてが

グルテン・フリーとなっておりますこと付け加えておきますね。

 

 

講習会レポは割愛させていただきます。

申し訳ございません。

先週の土曜日に講習会+開発試食会議がありまして、試食会ではデザートが2品もありました。クリスマスを意識したスタイリングも素敵でした!その①

なんと、シュトーレン登場!!
なんと、シュトーレン登場!!

看板

 

今年のクリスマス直前のこの講習会+開発試食会議は

弊社製品である米粉パンケーキのミックス粉使用の

スーパー時短で失敗知らずのシュトーレンが

登場して、一段と特別な回でしたぁ!!

 

昨年まではM先生お手製の普通に小麦粉を

イースト発酵させてその後熟成させるシュトーレンを

わけて頂いておりましたが、今年の米粉のミックス粉

仕様(使用)のシュトーレンは

何せお味・食感どちらも通常のと負けていませんでした。

すでにこちらのブログの更新頻度の多い執筆者である

”西日本支社” が本日の記事をアップしておりましたが、

記事にあったようにそのシュトーレンのレシピを、

まさしくその土曜日の講習会中にアップし終えております。

実は冒頭の写真にあるシュトーレンは左の赤いお皿にあるのが

小麦粉使用のイースト発酵させて作ってあるシュトーレンで、

右の緑のお皿にスライスしてあるのが、弊社製の米粉ミックス粉使用の

特別なシュトーレンなのです。

ミックス粉製の蒸しパンの膨らみ比較写真です。
ミックス粉製の蒸しパンの膨らみ比較写真です。
断面写真の蒸しパンはこんなお顔をしています。
断面写真の蒸しパンはこんなお顔をしています。

弊社の米粉ミックス粉は膨らし粉として

アルミニウム不使用タイプの特別な

ベーキングパウダーを使用しています。

その性質上生地にしたときに

30分寝かしてしまうだけでもう

厚み自体にすごく違いが出てしまいますし、

生地もギュッと詰まってしまうので焼き上がりが

固くなって ふわふわ とは程遠くなってしまいます。

30分というと個人的にはすぐに経ってしまう時間かな

と感じます。

生地を寝かせて作る小麦粉使用のパンケーキとは違います。

ですがその点が逆に時短になるということなのです。

 

そのレシピページはこちらから移動できます。

 

よろしかったら今年は手作りのシュトーレンに

挑戦してみてくださいね。

講習会では前回の分を振り返りつつ、

アクセス解析をしてみての当HPの

修正点についてのお話などをしていただきました。

 

新しい展開についてはまだ別担当者の

進捗具合がよくなかったため

まだお話できないのですが、

来年入ってほどなく発表できる予定です。

もう少しお待ちいただきたく思います。

 

0 コメント

すでにひと月前になる11月中の開発会議の際のレポと新たなる展開についてのお知らせです。

M先生の試作品:リゾットを和風にして考案された一品です ♪
M先生の試作品:リゾットを和風にして考案された一品です ♪

看板 

 

前回のWEB講習会+開発試食会議から

一か月近くになろうとしている今になって

レポ等々アップしております。

ここの所毎回この調子ですね・・・、お許しください。

 

 

さてその先月のWEB講習会では

3大ウェブモールの作りの特徴の比較と

それぞれが集客しているお客様の傾向に

ついての勉強をしておりました。

 

実際にヤフーショッピング内に

『 海王星フーズストアヤフー店 』を

構えさせていただいておりますが、

そちらの更新も滞っている現状をやんわり叱られつつ、

そのストアの作り方自体についても

他のウェブショップさんと見くらべつつ

あんまり魅力的とは言い難い作りですので・・・、

とこれまた全くもってその通りで涙が出そうになるような

ご指摘をいただきました。

 

私の出来る範囲での改善策も以前から提言されており、

海王星㈱の本体サイトである当HPも

少しずつですが変更していたり致します。

でも改善の余地はまだたくさん残っていて

 

「まぁー、時間が足りないのをどうしましょー。」

 

と焦っていたりする私なのですが、

これからまた新しい動きが加わってきます!!

(と、ぐちぐちからいきなりお知らせへ!)

 

まずは用意したけどほんの少ししかページ作りも

進められないままほったらかし状態の弊社別2サイトのうちの

1つを大幅にリニューアルして、全く違う中身に致します。

もう少しネタばらししてしまうと、

お役立ちサイトになる予定です。(方向性として。)

 

もう一つの新しい動きがありますが、

そちらの管轄は私ではなくまた別の担当者が

張り切って準備に取り組んでおります。

そちらの発表まではもうしばしのお時間を頂きますね。

冒頭の画像のバージョン違いの試作品です。
冒頭の画像のバージョン違いの試作品です。

はい、ここからは開発試食会議のレポです。

 

最初にお詫び(また・・・(汗)。)です。

今回の開発試食会議の試作品写真ですが、

ちょっとしたアクシデントの為(?)

撮影できていない分があります。

(その方が実は多いです・・・。(大汗+涙))

 

それで今回はほぼ試食のレポ(文章のみ)と

なります。

画像が無いこと、楽しみにされていた皆様に心よりお詫び申し上げます。

申し訳ございません。

↑ の試作品と冒頭の画像の試作品は、

いずれもリゾットのちょこっと和風にアレンジしたものです。

この季節にふさわしくさつま芋をメインに使用して

トマトソースがイタリアンでもある

私にはかなり意外な組み合わせの一品です。

 

お味の感想はさつま芋のニョッキがほのかに甘くて

トマトソースの酸味もちょうど良く

一緒に頂いてみると不思議なイタリアンという感じでした。

 

 

つづいてさつま芋続きのメニューです。

それはこの季節にとっても嬉しいスープ

しかも2種類です。

(画像がありません。お許しください。)

 

さつま芋はどちらのスープも

ペースト状にして使用しているのですが、

和風のスープの方は昆布だしと豆乳でのばして

隠し味に白みそを使用して仕上げてあるとのこと。

 

もう一方の洋風のスープはポタージュスープです。

 

いずれのスープもいただいてみて

個人的に大好きでした☆

さつま芋の甘みも感じつつ、

それが全く違和感なく

ほっとするスープに仕上がっていました。

 

 

続いてはデザートが用意されていました。

さつま芋のいもようかん2種類です。

(こちらもお色がとても美しかったのですが、

画像がございません。本当にごめんなさい。)

 

いもようかんが上と下の2層になっていて

更に紅玉のリンゴコンポートのせになっているタイプと

紫芋のモンブランクリームが乗せてあるタイプでした。

お色が紅玉の綺麗な赤色なのと

紫芋の鮮やかな紫色がとても目をひきました。

紅玉のコンポートのっけタイプは

酸味が程よく効いており羊羹部分と良いコントラストになっていて

モンブランクリームタイプは

より優しい味わいとなっていました。

羊羹部分はさつま芋ペーストと加賀棒茶入りこしあんの

2層からなっていました。

敷き詰められたけしの実のプチプチも

良い食感のアクセントですね。

 

 

自社開発チーム側も新商品のカップグラタンと

トマトソースに変化を付けたオリジナルピザ3種類等々を

お出ししましたよ。

 

カップグラタンはエビ入りでして

お子様にも喜ばれそうな少し甘味も感じる

グラタンでした。

 

ピザ3種はこれまた季節を意識して

秋仕様のトッピングを施したり、

フレッシュトマトを使用したことで

出てくる水分に少し苦戦してしまいましたが、

それを補う策でもって仕上げてきました。

こちらのピザも個人的にとてもお氣に入りです。

3種類いずれも少しずつ変化を付けて作ってあり、

私もこの日の開発試食会議後ほどなく

ピザづくりを別の先生から習う事になりましたが、

生地作りから全くの初めての自分にも

焼くところまでできました。

(その先生のお手製ピザ焼釜にて。)

注: ソースは開発担当が事前に作っておいて

くれたものを使用してです。

 

その日はピザの味見もたくさんできて、

お土産にも自分で焼かせていただいた

ピザを持たせてもらいホクホクの自分だったのでした。

 

いえ・・・、それも仕事なのですよ一応。

 

私の食いしん坊ぶりが今回も十分に発揮された

11月のレポ、以上でした。

0 コメント

ここ数日のうちにちょこちょこと当ホームページを更新してみています。

看板

 

ご無沙汰しております。

ホームページ関連の講習会を明日に控えて

ぎりぎりの課題仕上げに入っておりました。

もしかしたら閲覧中に画面がなんだか・・・

といった方もあったかもしれません。

ここ数か月ちょっとの間

私も営業・開発会議に参加させて頂いており、

いつもの講習会+試食会議参加だけの時よりも

新商品についての情報を多く得られることになっておりますが、

なかなか当ホームページ内の更新にまで至りません。

申し訳ございません。

 

季節商品も扱うようになってまいりまして、

ますますこちらのHPの頻繁な更新の方が

重要になってきております。

そこでまだ写真が出来ておりませんが、

フライング気味になっていつつも

製品案内一覧に少しですが新しいメニューを

載せてみております。

どうぞご覧になってみてくださいませ。

 

前回の講習会にて課題に出ていた

スマフォ対応のページ作りを目指して

商品写真に文字入れしてより魅力的に

商品を見せるということにも

少しずつ取り組み始めております。

もちろんプロの方のようにはまいりませんが、

できる範囲で試行錯誤してみています。

どういった文字の色が商品を引き立たせるのに

ちょうどよいのかといったことと、

全体的にぱっと見てどういったイメージ画像が

お客様にもっと訴えかけられるのか

勉強しなくてはです。

 

それから大事なお知らせがあります。

すでに公開してから少し経ってしまっておりますが、

お問い合わせボタンのお隣に新しいメニューとして

『開発試作品レシピ』 を設けております。

お料理教室もなさっているM先生の試作品の

レシピを一部ですが大公開しております。

最初に選んだのはもうすぐ(?)お正月ということで

本物よりも飲み込みやすい

「いももち」です。

実際嚥下障害のあるご高齢の方々に

施設でお出ししているというお話を伺い

先生の試作されたいももちを試食してみて

確かに御餅とは言えない味と言われそうだけど、

でももちもちとしていておいしいのです。

飲み込みと噛み切りやすい仕上がりなのにも

とても驚いたのを覚えております。

ニョッキもとてもなめらかで舌触り良く作ってくださっていて

個人的にいつも幸せな時間になっております。

(ただの食いしん坊なのでした・・・。)

 

今後もこちらのレシピページを増やしつつ

より見やすいように工夫させてまいりたいと思っております。

今までは私の感想と試食会の際の写真のみで

ここが知りたいのに!という方に

ちょっと物足りなかったと思われますが、

これからはそういう方にとても参考になるのではないかなと

思いつつ作成しているページなのです。

ご感想などもお寄せいただけたら幸いでございます。

 

それでは長く成りそうな明日に向けて

今日はこれで失礼いたします。

急きょ日曜日にも仕事が入りましたが、

どうなっていくのか展開が楽しみでもあります。

今日の時点でも十分おいしく仕上がっていましたので、

もう少しの工夫に取り掛かる予定です。

顔晴ります ♪

0 コメント

講習会・開発会議試食レポその③です。一週間間隔掲載のはずでしたが・・・。

づけハンバーグ(仮)。何の漬けでできているでしょうか?
づけハンバーグ(仮)。何の漬けでできているでしょうか?

看板

 

前回行われた開発会議試食会での一コマです。

でも・・・、もうすぐあれから一か月になってしまいます。

レポがトントンと更新できておらず、

申し訳ございません。

 

冒頭の大きな写真には、

づけハンバーグ が写っております。

さて・・・、何のづけ でしょうか??

(答えはこのブログ記事のどこかに!)

 

こちらのハンバーグは独特の風味に感じられました。

好き嫌いが人によってはできてしまいそうですが、

私は面白いなと新鮮な感じで好きでした。

 

これは本当にハンバーグの形状をしておりますが、

量産体制に入るとしたら機械も使いたいということで

その焼く前の粘度のお話になったり、

形状そのものを変えてしまって

違う用途に活用しても良いねという話で盛り上がりました。

づけハンバーグを活用して、違うお料理に!!
づけハンバーグを活用して、違うお料理に!!

づけハンバーグの活用法までありますよ

とのことで、ルーマニア料理の一品まで

頂けたこの日。

 

組み合わせている『焼き茄子のタルタルソース』

(トーストの手前に写り込んでいるたっぷりの

具入りソース)

がとってもなんだかスモーキーですね・・・

と一口目で皆が思ったようでして、

実は焼きナスを思いっきり焼いているから

なのだとか。

 

なるほど~。

 

 

この日アレンジでお出ししていただいたルーマニアのお料理というのは、

良く焼いたトーストの上に例のづけハンバーグとそれに焼きナスのディップを

のせていただくという割とシンプルに思える一品でした。

 

・・・ですがそのタルタルのお味・風味の奥深さに

すっかりマイってしまった私なのです。

 

これは・・・、大人のおかずというかおつまみというか。 (゜o゜) オオゥ

いいですね。

 

海鮮ギョーザまでありますよ。具材によってはその皮から変えてありますとのこと。
海鮮ギョーザまでありますよ。具材によってはその皮から変えてありますとのこと。

3種類もの具材のバリエーションをご用意していただきました。

海鮮ギョーザは、この日用意していただいた具材の他にも

色々とアイデアが出まして話も盛り上がりました。

 

もう少し詰めていって

居酒屋さん向け商品として売り出せたら良いね

と思っている一品なのです。

こちらの写真にはそのうち2種類が

並んでおります。

 

左はホタテクリームギョーザ。

何と中にはホタテがまるまる一個入っている

とてもインパクトの大きなギョーザです。

 

右は甘えび入りギョーザ。

甘えびが食べていても分かりづらかったので

ちょっとこちらに関しては使用する甘えびの

大きさや処理に改良が要りそうです。

 

 

 

何と甘えびギョーザの方は米粉皮をあわせているのです。

具材によって合う合わないがあるので、

こういう部分にも気を使っていらっしゃいます。

こちらは鮭のアラを使用した海鮮ギョーザ。

そのアラ自体が油分を豊富に含んでいるため

丁度良く全体に馴染んでいて

美味しかったです。 

 

 

”海鮮” 感が最もあったのは、

やはりホタテクリームのギョーザでした。

 

 

 

 

 

 

それにしてもマグロの尾っぽ部分のづけを

使用したづけハンバーグのアレンジ御料理、

美味しかったですねぇ。

 

M先生、

ルーマニア人のご友人に実際に振舞ってもらったということですよ。

 

 

以上9/24(土)開催の開発試食会の様子

レポでした。

 

 

0 コメント

24日の開発会議レポ②です。今回はコロッケ対決(?)もありました。

いろんなお味と大きさがそろったコロッケの試作品たちでした。
いろんなお味と大きさがそろったコロッケの試作品たちでした。

看板

 

9/24(土)に開かれていたウェブ講習会+開発会議の

際のレポその①を掲載いたします。

冒頭の写真はいろいろのコロッケの試作品です。

これらのコロッケ試作品はなかなかに高級志向でして、

お味違い(甘辛とクリーム系)やお肉のちょっとした違いでもって、

それに味付けの濃淡も変えての試作品たちがズラリ並んでおりました。

M先生作のコロッケと会社開発作のコロッケの

いずれもこの日の時点で完成度が高いという

みんなの意見がでておりました。

 

Aスーパーさんご依頼の能登牛肉使用のコロッケたちは、

先生作の試作品たちは個人的な感想で申し訳ございませんが、

3種類いずれもどちらかというと大人向け、

おつまみにもなりそうなお味たちだったという印象でした。

対して会社開発作の試作品たちは、

国産牛肉使用の味付けの濃淡を変えてと

原材料に少し付け加えての食感も変えたものなど

何種類もありました。

こちらのテイストはお子様にも広く好まれそうな

ほっとするちょっと懐かしい感じの

昔ながらのコロッケ風の味付けでした。

 

試食直前にコロッケを揚げていた開発担当者によると、

M先生のコロッケは揚げていて爆発しなかったけど、

会社の試作品のコロッケはちょっと爆発しそうになっていたから

そこのところも参考にしたいなぁということでした。

 

 

映り込みが小さいですが

写真奥手に見えますのは、

先生作の皮から手作りの和牛肉まんです。

2種類作っていただいています。

中身のお味違い(しぐれ煮・すき焼き)と

原材料のお肉の種類違いでした。

しっかり目の味付けでしたので、

これにもビールなどとっても合いそうでした。

 

今回は短めの記事ですが、ひとまずレポ②でした。

また後日にレポ③を掲載予定です。

 

0 コメント